胃腸の病気の症状 腹痛


胃腸気で一番多い症状が腹痛です。

腹痛と簡単にいいましたが、痛みの度合いや頻度、痛む場所によってそれぞれ病気が違ってきます。


急な腹痛・お腹の上

胃腸の病気のなかでも、急な腹痛で、場所がおなかの上から始まる腹痛は危険なものが多いので油断は禁物です。

ここから疑われる胃腸の病気には、虫垂炎(盲腸)、急性胃炎、急性胃腸炎、胆石、急性すい炎などがあります。


急な腹痛・下腹部

こちらはお腹の下のほうが痛む場合です。

急性腸炎や、虫垂炎、尿路結石などが考えられます。

下腹部は女性にとって大事な子宮を含みますので、これらの産婦人科系の疾患でも下半身が痛む可能性があります。

急な腹痛・右腹部やはり虫垂炎が考えられます。

人によっては産婦人科系の症状がここに出ることもあります。

いずれにしても、急な腹痛は痛みも強いものが多く、胃腸の病気以外の大変危険なものもありますので、充分気をつけましょう。


じわじわくる腹痛・お腹の上

胃の辺りがいつも重くて、じんわりと慢性的に痛み続ける、こういった痛みの場合疑われる胃腸の病気は食道炎、胃がん、胃・または十二指腸潰瘍、慢性すい炎などがあります。

これらは痛む時間や条件などによっても痛みの質や疑われる胃腸の病気が変わります。


じわじわくる腹痛・お腹の下

下腹部がじんわり痛む場合は過敏性腸症候群という病気が一番疑われます。つまり、腸が敏感すぎてちょっとした刺激でも下痢や便秘、腹痛を感じるものです。健康なひとにも割合良く見られます。

このときの排便で血が混じれば大腸がん、クローン病など一気に深刻度が高まります。

あとは婦人科の病気やクラミジアなどでも下腹部が痛むことがありますのでご注意ください。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。