便秘・便通異常はストレスから!

便秘便通異常はストレスが最大の原因です。
そして食生活も大きな影響を与えています。


高ストレス社会や、食の欧米化、食品の汚染などで、現代人の腸が危ない状態にあるとか、脳内革命も必要ですが腸内革命も必要です。

21世紀になって便通異常が急増しているそうです。その原因をあげてみます。


@ ストレス社会の到来

A 肉体労働をしなくなった

B 成熟社会になって余裕が出来すぎてちょっとしたことにも過敏にはんのうする人が増えた

C 食生活が、高脂肪、高たんぱく、低繊維の欧米型になった

D 抗生物質とか添加物による汚染食品の摂取

E 寝たきりの高齢者に下剤を乱用したり、静脈栄養によって食べ物の消化吸収に消化管を使わない


実はこうした要因によって、腸内細菌叢がかく乱をされてしまい、大腸の蠕動運動や分泌機能の異常を起こしてしまい、便通異常がおこっていると考えられます。


その中でもストレスの関与の影響は大で、機能性の胃腸症は、ストレスによって消化管機能異常を起こし、それによって誘発される便秘便通異常とさまざまな消化器官異常があらわれる病気といえます。


腸は植物で置き変えて考えると根っこにあたります。

さまざまな栄養を吸収するところで、この根っこが異常になると成長も命を維持することもできません。


普段は意識しない腸のことを少し考えてみましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。