下痢の症状


下痢は病気からストレスまでその原因はいろいろあります。


下痢の分類は急性の下痢と慢性の下痢にわけられます。

それぞれその対策法はまったく違います。


で、その前に下痢便はどうやってできるのか考えてみましょう


普通、小腸から送られてきた食べ物の残りかすは、大腸で余分な水分を吸収されることで適度な硬さの便になります。

この場合の便に占める水分の割合は約70パーセントになります。



ところが、水分の吸収が中途半端な状態で便がでてしまいますと、下痢になってしまいます。

水分の割合が約80%だとドロ状の便、90%になると水のような便になります。


こうした下痢便になってしまう原因の一つとして、小腸での水分分泌や胆汁や膵液などの消化液が増えてしまうような病気によって、大腸での水分吸収が追いつかず、下痢便になってしまうことが考えられます。


炎症とか潰瘍によって大腸の機能そのものが障害を受けて、水分吸収がうまくいかない場合もあります。


その他に、副交感神経が興奮して腸のぜんどう運動が必要以上に活発になり、水分吸収が不十分なまま便が早く出てしまい、下痢便になってしまうこともあります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:便秘解消の方法
次の記事:腸内細菌・乳酸菌
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。