胃もたれの対処法


胃もたれの対処法
胃もたれは市販の胃腸薬で改善することが多い。


胃の蠕動運動が低下するのは、食べ過ぎとストレスの二つに大別できます。

このうちの、食べすぎからくる胃もたれは、一時的なもので、本来の胃腸症とは異なります。


食べ過ぎると、胃が拡張して蠕動運動が低下し、胃もたれを起こします。

胃酸の分泌が減ったり、胃の粘膜の血流が低下をすることも胃もたれを起こしていく原因になります。


普通は胃を休めてしまえば、自然に胃もたれの症状も改善されますが、胃もたれが強いときには市販の総合胃腸薬を飲むことで改善されます。

総合胃腸薬は、消化を助ける消化薬や、胃の働きをよくする健胃薬などを含んでいるものを選びます。

この場合の胃もたれの場合は症状が改善をしていけば、薬を飲む必要はありません。


胃もたれを防ぐには、胃もたれをおこさないように、胃をいたわることが大切です。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。