ピロリ菌の除菌


ピロリ菌の除菌には、2種類の抗菌薬に、プロトンポンプ阻害薬を加えた、合計3種類の薬を併用する除菌治療が行われます。


ピロリ菌の除菌薬

∴ クラリスオロマイシン

∴ アモキシシリン

∴ プロトンポンプ阻害薬

二つの抗菌薬と、2種類のプロトンポンプ阻害薬のうち一種の合計三つの薬を一週間服用します。


これらの薬を朝食後、夕食後の一日2回、一週間継続して服用します。

4週間後には再検査を行って、除菌できたかどうかを確認します。


健康保険の対象になるのは、今のところは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍と診断された人で、ピロリ菌の感染が確認された場合に限られます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。