潰瘍性大腸炎と手術


潰瘍性大腸炎で手術が行われるケース


一般に潰瘍性大腸炎の手術は、薬物療法を行っても効果がえられない場合に行われます。

潰瘍性大腸炎の手術は、大腸全体を切除して、小腸を使って袋をつくり、大腸のかわりにします。


以前の潰瘍性大腸炎の手術は、肛門もすべて切除して、人工肛門をつくっていましたが、現在は肛門を残せるようになりました。


また潰瘍性大腸炎で次のような場合にも手術が行われます。


大量出血が見られる場合

中毒性巨大結腸症

大腸が破れた場合

がんになる疑いがある場合


治療技術の進歩で、以前に比べて、QOLは向上しましたが、排便の回数が増えたり、再建した腸に炎症が起こるといった問題もあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:クローン病の症状
次の記事:胃炎
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。