吐き気の症状


吐き気はムカムカして吐きそうな感じのことで、しばしば嘔吐にさきだってみられます。

吐き気は、胃をはじめ、腹部の臓器の病気でも起こります。

脳の刺激による嘔吐には吐き気が伴ってきません。


吐き気はさまざまな原因で発症します。


吐き気の原因

頭の病気(脳腫瘍、脳血管障害、脳髄膜炎、頭痛など)

呼吸器の病気(肺炎、気管支拡張症、気管支炎、呼吸不全など)

循環器疾患(心筋梗塞など)

代謝疾患(糖尿病など)

眼科疾患(緑内障など)

耳鼻科疾患(めまい、中耳炎など)

精神的原因(うつ病やストレスなど)

薬剤性(アルコール中毒やいろいろな薬剤の副作用など)

つわりなど、多くの病気や症状などで吐き気が起こります。


もし、吐き気がなかなかとまらないときは、医者の診断を受け、その原因を確かめる必要があります。




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。