腸内環境を整え・腸を綺麗に

腸内環境を整えて、善玉菌優位の状態を保っておくと、健康維持やダイエット、美容、老化防止に役立ちます。


腸内環境を整え、腸を綺麗にするポイント


肉類など動物性たんぱく質や、脂肪分を摂り過ぎると、悪玉菌が増殖してしまいます。

これらの食品に偏らないで、野菜や海藻などビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷり摂るようにします。

食物繊維は便秘を防ぎ、善玉菌の乳酸を増やすのに役立ちます。



腸内環境のバランスを整えるには、ヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌と乳糖、オリゴ糖を積極的に摂るようにします。

乳酸菌には悪玉菌を退治する働きがあり、乳糖やオリゴ糖は善玉菌のエサとなります。

オリゴ糖はヨーグルトのほか、ゴボウや味噌、ハチミツなどにも含まれています。


心身の疲れが溜まると、腸の働きが悪くなり、腸内の血流が乱れて腸内細菌のバランスが崩れやすくなってしまいます。

休養や睡眠時間はしっかり摂り、ストレスを溜めないようにすることが大切です。


便秘気味で腸に便がたまっていると、悪玉菌が増殖しやすくなってしまいます。

できるだけ規則正しく排便することです。

便秘を予防・改善するためには、腸のぜん動運動を活性化させるために朝食をきちんと食べたり、水分や食物繊維をしっかり摂ったり、適度に運動したり、できるだけ決まった時間に排便したりすることを心がけることです。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。