胃痛/胃の不快症状と薬


胃痛/胃の不快症状

普段よく経験する胃の不快な症状が胃痛・胸やけ・むかつき・もたれなどです。

ちょっと食べ過ぎただけで、また、仕事のストレスなどによっても、胃は調子を崩します。


人の身体のでも、胃はストレスに対してデリケートな臓器です。

情報過密社会の中で忙しい毎日を送る現代人は、胃痛・胸やけなどの不快な症状に悩まされることも多く、多くの人にとって胃腸薬は、身近なものとなっています。

現在では、胃酸の分泌を抑える新しい成分を配合した胃腸薬が街の薬局・薬店で購入できるようになりました。


成分はH2ブロッカーといい、これまで医師が処方する医療用医薬品として用いられていましたが、今度初めて市販薬としてスイッチすることが許可されています。


胃酸を分泌する作用を遮断し、分泌を抑制するので胃酸による胃痛・胸やけといった症状の改善に対してよく効く反面、一人ひとりが薬の作用について正しい知識をもち、適正に使用することが求められます。


薬は、食べ物ではありません。

賢い薬の活用法は現代人にとって大切な知識の一つです。




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:便秘に効果のある食べ物
次の記事:腸閉塞とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。