腸閉塞とは


腸閉塞とは

腸閉塞症は、腸管内容物の通過障害を起こした状態のことをいいます。

原因となる疾患や病態は種々のものがあるため、腸閉塞は多彩な症状を示すこともあります。

腸閉塞は、次のように分類をされています。

それぞれ症状の重症度、経過に違いがあって、当然治療の方法も異なります。


機械的腸閉塞
 
 単純性イレウス
 絞扼性イレウス(複雑性イレウスともいいます)

機能的腸閉塞 

 麻痺性イレウス
 痙攣性イレウス
 

単純性イレウスとは、腸管の内腔の閉塞のみで、腸管自体の血行障害は伴いません。

原因は、回虫などの寄生虫や胆石などの異物、老人に比較的多くみられる悪性腫瘍による閉塞や腸管の屈曲・癒着・圧迫などによる閉塞です。


絞扼性イレウスは、腸管の閉塞に腸管自体の血行障害を伴うもので、単純性イレウスよりも重いものが多いです。

原因は、腸管自体がねじれてしまう、腸重積症、腸軸捻転症、ヘルニアの嵌頓などがあります。


腸間膜動脈という腸管へ行く血管の血栓などによる腸間膜動脈血栓症というかなり重篤な疾患からも生じます。

 
機械的な腸管の障害がみられないものを機能的な腸閉塞といいます。

麻痺性イレウスは、腹膜炎、電解質異常、各種中毒症、腸管を支配する神経の機能低下によって腸管の蠕動運動が低下し、腸の内容物が移動しないものをいいます。

 
こうした腸閉塞のなかでは、機械的腸閉塞が大多数を占めていて、そのなかでも単純性イレウスが半数以上を占めます。

特にに老人で問題となるのは、大腸がんによる単純性イレウスで、腹部手術をした後の腸癒着による腸閉塞も多いです。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃痛/胃の不快症状と薬
次の記事:胃腸風邪とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。