胃潰瘍の原因


胃潰瘍の原因について

1.肉体的・精神的ストレス

現代人は特にストレスが胃潰瘍の原因となることは多く、急性の強いストレスは急性胃潰瘍の原因にもなっています。


2.ピロリ菌の感染

胃潰瘍の原因の7割以上がピロリ菌とされており、十二指腸潰瘍においては9割を占めています。

ピロリ菌は、口から入って感染すると言われており、ピロリ菌にかかると、まず、慢性胃炎となり、そのごく一部が慢性胃潰瘍になります。

抗生物質(天然、人工)を使えば駆除できます。


3.香辛料や熱刺激、冷刺激を与えた場合

刺激の強い香辛料など、胃を刺激するものを過剰摂取すると胃潰瘍の原因となることがあります。


4.痛み止めやステロイドの服用


薬の長期服用などで胃に負担がかかり胃潰瘍になることがあります。 

腰痛、膝痛、関節リウマチなどの痛み止めとして使われる非ステロイド系消炎鎮痛薬も、痛みを抑えてくれますが、胃腸の粘膜を荒らしてしまう副作用があり、胃潰瘍を引き起こすこともあるので、H2ブロッカーなどの胃腸薬を服用してもらうことです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍にならなくても、潰瘍の前段階として、胃炎などの胃粘膜傷害にかかる確率が高いので、気をつけましょう。


5.喫煙・飲酒・コーヒー

喫煙は胃粘膜の血流を低下させるため胃潰瘍の引き金となることがあります。
また、大量の飲酒やコーヒーは胃に負担がかかり胃潰瘍の原因となることがあります。


6.暴飲暴食、不規則な食生活

暴飲暴食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いするなど、不規則な食生活は胃に負担がかかってしまいまい胃潰瘍の原因になります。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃潰瘍とは
次の記事:便秘に効果のある成分
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。