胃痛

胃痛は、胃酸過多や胃粘液の分泌低下によって胃粘膜が炎症を起こしたり、胃の筋肉が痙攣したりして起こります。

一般に、前者は胃炎、後者は胃痙攣と呼ばれます。


胃炎による痛みは、「シクシク」「キリキリ」としたものが多く、胃痙攣によるものは、差し込むような強い痛みを伴います。

胃痛の原因の多くを占めるのは胃炎ですが、この胃炎は、症状が進むと胃潰瘍になったりすることもあるので注意が必要です。

胃炎の場合は、特に空腹時に胃痛を感じることが多いようです。


胃痛の原因1

胃酸の出すぎ多くの場合は、出すぎた胃酸による、胃粘膜の炎症が原因で、その状態が続くと胃壁まで傷つけて胃潰瘍になる恐れもあります。

胃酸過多になる要因としては、不規則な生活や食べすぎなどがありますが、最も多いのは「精神的なストレス」です。

仕事や人間関係の悩みを抱えて胃が痛むというのは、よくあることです。


胃痛の原因2

胃粘液分泌の低下胃の粘膜は、普段は胃粘液によって覆われることで、強力な胃酸などの刺激から守られています。

ストレスや暴飲暴食、加齢などで胃のはたらきが弱まって粘液の分泌が減ったりすると、胃粘膜が胃酸にやられて炎症を起こします。


胃痛の原因3

いろいろな刺激胃痛の原因は胃酸などの分泌が過多になって、胃に対する刺激が強くなることで起きます。

アルコール、タバコ、ストレスなども胃にとっては刺激になります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。