胃のむかつきにツボ療法

むかつきには、ひざ下の骨のきわをよくもむと、むかつきがすっきり解消!


が活動する時間は、朝9時から夜の9時ごろまでになります。

この時間帯を過ぎて暴飲暴食すると、消化能力の低下しているの働きは低下をしてしまいます。


症状が急に発症する急性胃炎の多くは、夜食の食べ過ぎや飲みすぎ、そして精神的なストレスが主な原因です。

の粘膜に炎症が起こると、吐き気、げっぷ、胃痛、胃もたれ、口臭、下痢、便秘などの症状が現れます。

もしこうした症状が慢性的に強く続く場合は、一度専門医の診断を受けるようにしましょう。


むかつきなど不快に症状にはツボ療法が効果的です。

胃の不快症状に有効なのは、足の三里というツボのある付近の骨ぎわの指圧です。

足の万病に効くといわれる足の三里は、胃の症状にも有効です。


熟練した治療家が足の三里を刺激すると、下がっていた胃が上へあがるというくらい、刺激に対して敏感に反応します。

同時に刺激するツボの胃倉は、食べ過ぎによる胃のもたれなどに有効で、衰えた消化活動を促す作用があります。


自分で刺激をするツボ療法は、お金のかからない、副作用のない方法ですから、むかつきのあるときはやってみてください。






このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。