急性胃炎とは

急性胃炎とは、その名のとおり、何らかの原因で急激に症状が現れ、原因を取り除くと数日で症状がなくなる一過性の病気が急性胃炎です。


急性胃炎の主な原因は、精神的なストレスや肉体的なストレス、薬や、飲食物、インフルエンザなどがあります。


急性胃炎の症状はさまざまですが、強いみぞおちの痛みとか、胃の不快感、吐き気や嘔吐です。

こうした急性胃炎の症状があるときは、胃粘膜には、発赤、浮腫、出血、びらん、潰瘍がみられます。


急性胃炎のときに、患部から胃の一部を取り出して、顕微鏡でみると、白血球の一種である、好中球がたくさん見られるそうです。

それは、急性胃炎の時は、多くのいろいろな病変が混在していることが多いからだそうです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:大腸がんの検診・診断
次の記事:慢性胃炎とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。