潰瘍とは

潰瘍とは

胃・十二指腸潰瘍は、強力な消化液である胃液によって、胃壁や十二指腸が自己消化を起こしてしまう病気で、このため胃・十二指腸潰瘍を総称して消化性潰瘍と呼ばれています。


潰瘍とは、身体の組織の一部が欠損してしまった状態で、欠損の程度が粘膜筋板に達しない傷をびらんといい、それより深い傷を潰瘍といいます。




潰瘍(かいよう ulcer)とは皮膚や粘膜や眼球(角膜や結膜)などを覆う上皮組織、即ち被覆上皮が傷つき、肉眼的な広さにわたって欠損した状態のことである。通常、より深層の組織も、症例毎に様々な深さで損傷を起こしている。

被覆上皮を失った事で受ける外部刺激(特に感染)に対する防御反応や、損傷した組織の再生・修復のために、潰瘍は炎症を伴うのが常である。

潰瘍続き


このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。

ウィキペディアはこちら
http://ja.wikipedia.org/

GFDL のライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:宿便とは
次の記事:便秘解消に役立つ食べ物
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。