胃のポリープのがん化

ポリープのがん化

ポリープとは、まわりの胃の粘膜より明らかに高まっていて境界のはっきりした限局性の病変です。

ポリープの中にできた突出した病変をいいます。


エックス線検査や内視鏡の検査で診断します。


ポリープの半分ががんになるといわれていた時がありました。

しかし今では、ポリープから胃がんになってもせいぜい3〜5パーセントと考えられています。


胃の中に突出してくる病変にはいろいろなものがあって、現在ではこれらの病変をひとまとめにして胃隆性病変というようになりました。


この胃隆性病変は、ポリープのかたちによってT〜Wに分類されています。

Wで大きさが20ミリ以上になって、初めてがんが出てきます。


ポリープががんになるというよりも、もともとがんが胃のポリープの姿をしていたと考えられています。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:便秘と漢方薬
次の記事:急性胃炎と慢性胃炎
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。