痔は女性に多い

は女性に多い?

女性がになりやすい要因として、妊娠、出産という女性特有の大きな事業があることと、の最大の原因である便秘症が女性によく見られることが上げられます。


女性はもともと男性よりも便秘しやすい生活環境にあります。

というのは女性は仕事中や外出中に便意をもよおしても、がまんしがちですし、太りすぎを気にしてダイエットすることが多いので、食事の量が減って便秘になりやすくなります。


生理前には、ホルモンの作用で腸の働きが鈍くなるので、腸のぜんどう運動が弱くなって便秘になりがちです。


こうして、便秘症になった女性がかたい便をいきんで無理に出そうとして、切れになるケースが多いということです。


女性の場合は、それまではなんともなくても、妊娠出産後に痔になってしまう人が多いです。

妊娠中は大きくなった子宮が直腸を圧迫するために、肛門や直腸周辺に集中している細い静脈がうっ血して、痔になりやすくなります。

また分娩のときにいきむので腹圧によって肛門が脱出してになることもあります。


出産後には、腹筋が緩んでくるので腸が弛緩したり、母乳を与えるために水分が不足して便が硬くなるので、排便のときに肛門が傷つきを発症しやすくなります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。