過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群はストレスと密接な関係があると考えられています。

腹が立つという言葉ありますが、昔からお腹は人間の感情を示す表現につかわれていますが、人間にさまざまなストレスがかかってくると、脳の中の特殊な物質がぞうかすることがいろいろな研究で確かめられています。


こうした脳の中で増加をした物質が腸の運動を直接コントロールしている自律神経に影響を及ぼして、便秘、下痢、腹痛、といった、過敏性腸症候群に特徴的な症状を起こすのだと理解されています。


最近の研究では過敏性腸症候群の人は病気でない人に比べて、腸における痛みを感じる知覚神経が過敏であることが明らかにされています。


過敏性腸症候群の人は腹痛に対して敏感であり、その痛みがさらにストレスとなって病気を悪化させるという悪循環を形成しています。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。