大腸ポリープの検査

大腸ポリープの検査

大腸ポリープを発見する方法には、大腸のバリウム検査と大腸内視鏡検査があります。

このいずれも下剤を用いて、大腸を空にしてから行います。

両検査ともそれぞれ長所と短所がありますが、一つだけ行うとしたら、大腸内視鏡検査の方がさまざまな点から優れていると考えられます。


大腸ポリープが発生してくるのは粘膜という、大腸の内壁です。

腺腫であれば、病変は内壁の粘膜のみに存在しますので、この病変部分だけをとりのぞけばよいということになります。


取り除く方法は、大腸内視鏡を用いて病変だけを電気の力で切り取ります。


これがポリープの切除術または内視鏡的粘膜切除 EMRといわれる治療法です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。