痔を悪化させる原因

を悪化させる原因

は、肛門周辺の炎症がきっかけとなっておこります。

人間には、健康を守るために免疫力が備わっていますが、身体の機能が低下すると免疫力も衰え、肛門が炎症を起こしてになりやすくなります。


を大別すると、痔核、裂肛、痔ろうの3種類があります。

どのタイプのでも、痔を誘発して症状を悪化させる危険因子は、肛門周辺におこる炎症です。


人間の身体には免疫機能があります。

人間の身体を攻撃し、健康をこわす作用をする要因を攻撃因子といい、ウイルス細菌などがあります。

こうして攻撃因子から健康を守るための機能が人間の身体にあり、それを防御因子といって免疫機能があります。


身体は、こうした攻撃と防御のバランスを保つことで健康を維持しています。


日常生活で、肛門に炎症を起こす原因になるのが、便秘下痢、肉体疲労、ストレス、冷え、飲酒の五つです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:大腸ポリープの検査
次の記事:便秘の種類
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。