便秘の種類

便秘の種類

便秘には生活習慣からくる便秘病気からくる便秘の2種類があります。

大腸はぜんどう運動をして便をいどうさせますが、何らかの原因でこの運動がうまくおこなわれなくなると、便秘が起こってきます。


便秘の多くは生活習慣に関連しておこりますが、なかには病気が原因で起こる便秘もあるのでたかが便秘と軽視しないことが大切です。


便秘を大きくわけると器質性の便秘と機能性の便秘があります。


機能性の便秘は、大腸の働きが低下しておこる便秘です。

直腸性便秘、痙攣性便秘、弛緩性便秘があります。


器質性の便秘は病気が原因で起こってくる便秘で注意が必要です。

炎症や癒着による便秘、腫瘍による便秘があります。

毎日、便がでないと便秘だと思っている人も多いと思いますが、排便のリズムは人それぞれです。


人にはそれぞれ個性があるように大腸にも個性があって毎日便をする大腸もあれば、そうでない大腸もあります。

一日おきでもりきむことなく出る状態はべんぴでなく、逆に毎日でたとしても強くりきまないと出ない状態は便秘といえます。


日ごろから便秘対策はしっかりとることが大切です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。