便秘解消には食物繊維

便秘解消には食物繊維をとろう

便秘を解消するためには、野菜や海藻などに多く含まれる食物繊維を摂ることが効果的です。

食物繊維は消化されずに腸に到達し、便として排泄されますが、その過程で腸内の有害物質を便に取り込んだり、腸を刺激してぜん動運動を活発化させ、便意を促したりする働きがあります。


食物繊維には、こんにゃくや果物などに多く含まれる水に溶けやすい食物繊維と、野菜や穀類などに含まれる水に溶けない食物繊維とがあります。

弛緩性便秘や直腸性便秘はどちらの食物繊維をとってもかまいませんが、腸が過敏になっていることが原因のけいれん性便秘の場合、水に溶けない食物繊維は腸を刺激してしまうので控えるようにしましょう。


便には食べ物のカスだけでなく水分も含まれていますが、便秘気味で便が長く腸に留まっていると水分が吸収されて便が固くなってしまい、よけい排便しにくくなってしまいます。

ですから、水をたくさん飲むことも、便秘解消には大切なことになります。


毎日食べる食事、その食事の中身ももちろんですが、朝食を抜くことも便秘の大きな原因になります。

普通、朝起きて空っぽの胃に食べ物が入ることによって腸が刺激され、便意がおこるのですが、朝食を抜いてしまうと便意がおきなくなってしまうのです。

朝食は毎日規則正しくとるようにしましょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:痔の原因
次の記事:直腸がんについて
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。