食道静脈瘤について

食道静脈瘤について

食道の静脈がこぶのようにふくらんでいる病気を食道静脈瘤といいます。

こぶが破れて大出血を起こし、出血性ショックで死ぬこともあります。

食道静脈瘤の大部分は、肝硬変が原因で起こります。

肝臓に不安がある人は、肝臓をいたわることが第一の予防になります。

もうすでに肝硬変になっている人は、定期的な検査を受けて、肝硬変を悪化させないことが大切です。


食道静脈瘤ができてもそれだけでは問題ないのですが、これが破裂すると、喀血や下血など大量出血を起こしてしまい、死亡する場合も少なくありません。


ただ食道静脈瘤の自覚症状は、コレといってないのが普通です。

なかにはものを飲み込みにくいといった症状を訴える人もいます。



食道静脈瘤について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

半年前に食道静脈瘤破裂で入院し、アルコール性肝硬変と診断されました。現在は酒...
半年前に食道静脈瘤破裂で入院し、アルコール性肝硬変と診断されました。現在は酒を断ち、血液検査の結果もγーGTP107と血小板(PLT7.1)以外は正常値になりました。血小板改善や門脈圧を下げる為に 将...(続きを読む) 2006/10/17 9:29:38

食道静脈瘤の手術について
・・・前から食道静脈瘤ができていました。昨年、担当の医師がかわり『食道静脈瘤』の手術を勧められ手術をしました。(結紮術・4ヵ所)そのとき、母が入院をかなりイヤがっていたので、他の医師にも相談したところ...(続きを読む) 2002-06-12 14:42:00

肝硬変末期、食道静脈瘤の手術について
・・・、特に本人の自覚症状は無かったのですが、医者からの勧めで胃カメラ検査をし、食道静脈瘤が沢山出来ているので手術が必要だと言われ、入院し、静脈瘤が出血しないように固める?手術を2週おきに3回程行いま...(続きを読む) 2007-01-19 12:34:00

食道静脈瘤について
・・・食道静脈瘤の圧迫止血方について、詳しい施行方法を知っている方、手順を細かく記載して教えて下さい。....(続きを読む) 2005-02-27 20:56:00

食道静脈瘤破裂について
・・・知人のご主人が昨日大量吐血し入院しました。肝硬変が原因で8割の方が食道静脈瘤の合併症になるとのこと。命に関わり、また一度破裂すると予後がよくないと聞きました。いまリングで患部をとめてあるとのこと...(続きを読む) 2007-04-27 12:31:00

肝硬変の治療(大阪の病院、名医)を教えて!
・・・肝硬変による食道静脈瘤で入退院を繰り返しています。大阪市内で、通院で治療できる病院を知っておられたら、教えてください。また、肝硬変を治癒できたかたのお話を、ぜひ聞かせてください。その他、どんな情...(続きを読む) 2001-11-22 17:25:00

食道静脈瘤
・・・約3年ほど行っておりませんでした。病院で吐血の原因が食道静脈瘤の破裂ということで破裂していたものはゴムのリング?でとめたとの事。食道のほとんど全部に食道静脈瘤があるらしく、腹水もあり、肝臓も肝硬...(続きを読む) 2004-10-05 14:31:00

母の余命はどのくらいなんでしょうか・・?
・・・肝炎を患いました。インターフェロンなどの治療は受けましたが、あまり効果は見られず、4年前には肝硬変へ移行し、食道静脈瘤破裂となり、危篤にまで陥りました。なんとか一命は取り止め、現在に至りますが、...(続きを読む) 2007-04-06 11:06:00

中心静脈栄養(IVH)と末期における医療費の関係について教えてください
・・・を稼ぐことができる、と言われます。「医者しか知らない危険な話」(中原英臣 福家孝)の中に、食道静脈瘤で15日間の入院後亡くなった患者にIVHだけで133万円がつかわれたことなど、いくつかの実例が...(続きを読む) 2006-01-20 02:36:00

肝硬変
・・・。私も以前看護婦をしていて、うる覚えの知識だと、肝硬変というと・・腹水貯留、アンモニア↑・・食道静脈瘤破裂・・と予後が悪く、あまりいいイメージがなく、本当に大丈夫なのかすごく心配しています。先生...(続きを読む) 2007-01-12 14:06:00

肝硬変の行く末…どの位生きられるのでしょうか
・・・っています。先生曰く末期であろうとのことです。半年前に食道静脈瘤が発見され、入院して硬化療法をしました。今後は定期的に胃カメラで様子をみるようです。食道静脈瘤の破裂・出血の心配は、だいぶしなくて...(続きを読む) 2007-03-23 23:02:00

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:腸閉塞とは
次の記事:過敏性腸症候群のリスク
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。