過敏性腸症候群のリスク

過敏性腸症候群のリスク

過敏性腸症候群の人は、よく通勤や通学の電車で下痢に悩まされてしまいます。

そしてひどくなると、電車に乗るのが怖くなって会社や学校に行けなくなったりすることもあります。


しかし、過敏性腸症候群による下痢や便秘を必要以上にしんぱいすることが、症状をながびかせることにつながります。

過敏性腸症候群は、何年間も同じ症状がくりかえされるのが特徴ですが、これには条件反射などにも関係しています。


たとえば、電車に乗るたびに下痢に悩まされていると、そのうち、電車に乗ると必ず下痢をするようになってしまうことがあります。


対策としては、病気に対する自分がもっている考え方をかえるしかありません。

過敏性腸症候群はストレスが原因で腸になんら異常はなく、症状があってもまったく心配をすることはない。


こういう形で病気の本質がわかってくると、それだけで病気を克服できることもあります。

ものの見方、考え方というのは、健康においてもすごく重要なファクターです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:食道静脈瘤について
次の記事:胃痙攣とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。