大腸がんの予防

大腸がんの予防

家族に大腸がんの人がいるかをチェックする


大腸にできるポリープの多くは良性で、がん化せずにポリープのままとどまるといわれています。

そのなかには放置をしておくとがんになる、家族性大腸ポリポーシスと呼ばれるタイプもあります。


この病変が両親のどちらかにあると、その子供にも一定の割合でポリープが発生します。

しかもこのポリープは一つだけでなく、大腸全域にわたって円形ないしは楕円形の5〜10ミリ大のものが数百から数万個もできます。


家族性大腸ポリポーシスのある家系では、大腸がんは、遺伝する確率が高いとされていますが、4〜5種類の遺伝子異常起こらないと大腸がんは発症しないこともわかっています。


すでにポリープのある人や、両親や兄弟姉妹の誰かが大腸がんで死亡してり手術を受けた人は、大腸がんのハイリスク、グループに入ります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。