腸内細菌と腸内環境

腸内細菌と腸内環境

人の腸内には100種100兆個の、重さにすると約1〜1.5キロの腸内細菌が住みついています。

このなかには、身体にとってよい働きをする、善玉菌と呼ばれる菌もいれば悪玉菌とよばれる菌もいます。

そして前者の代表がビフィズス菌、後者の代表がウエルシュ菌です。


ウエルシュ菌は、たんぱく質を分解して便やおならの悪臭のもとになる腐敗物質をつくります。

一方の善玉のビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑え、腸を若々しく健康な状態に保つ働きをしてくれます。


基本的に健康であれば、悪玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。

ところが年をとるにつれて、だんだんとこのバランスが逆転していきます。

またストレスや過労、偏った食事、薬の乱用なども悪玉菌を増やし、善玉菌を減らす原因になります。


善玉菌を増やして腸内環境を整えるには、食物繊維をたっぷりとり、ビフィズス菌を多く含んだ食品を積極的にとるようにしていくといいですね。

伝統的な和食の中には植物性の乳酸菌がたっぷりとあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。