大腸がんになる原因

大腸がんになる原因

がん対策計画 財政的な裏付けが重要だ
山陽新聞
乳がん、大腸がん検診などの受診率を五年以内に50%以上に高め、早期発見による死亡率低下を図る。診療ガイドラインや共通の治療計画作成なども決められた。 計画策定にがん患者や家族らが参加することで、患者本...(続きを読む)

最高齢の医学博士が誕生 山梨大大学院
山梨日日新聞
病院長の仕事と両立させ、専門分野の大腸がん研究に取り組んだ。江口院長は「地域医療の充実に向けて今後も研究を続けたい」と話している。 江口院長は一九六八年に横浜市立大医学部を卒業した。江口院長によると、...(続きを読む)

社福協 / 機能性食品の活用をテーマに、「第11回健康フォーラム」を開催
健康美容EXPO
「バランスよく抗酸化機能食品を活用するには」と題し講演した。480もの抗酸化食品因子を探索したが、中でもゴマに含まれる“セサミノール配糖体”に動脈硬化抑制作用、大腸がん抑制作用があること、“カカオマス...(続きを読む)





大腸がんの原因とされる大きな要因としてあげられるのが食生活の変化といえます。


食生活の欧米化が進み、動物性のタンパク質の摂取が増え、反面、炭水化物とか腸の掃除をしてくれる食物繊維の摂取量が減ってきました。

そのために便が大腸内にとどまる時間が長くなってしまいました。


そうすると食べ物に含まれていた発がん物質や消化の過程で生じた発ガン物質が腸の粘膜に長時間せっしていることになり、結果的に大腸がんがはっせいしやすい腸内環境になってしまうということになります。


大腸がんはストレスとも大きな関係があります。

会社での人間関係とか、家庭内の問題、多くの人が何らかのストレスを抱えています。

また心に感じていなくてもストレスはあります。


運動不足や睡眠不足、これらも身体にあらわれる一種のストレスといえます。


ストレスを受ける器官として真っ先に浮かぶのは胃ですが、腸もストレスに敏感な臓器です。


こうした食生活の変化とストレス社会に生活する現代人が高齢化社会を迎え結果、大腸がん増加したといえます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。