便秘薬の正しい使い方

便秘薬の正しい使い方

便秘薬を使用するときは、必ず便秘の原因をはっきりとさせてから使うのが基本です。

その原因をはっきりとさせるには医師の診察をうけることが必要です。

その際に、自分の便秘にはどんな薬を使えばよいのか、医師の指導を受けておけば、市販薬が必要になった際にも、あれこれ試す手間も省けるというものです。


便秘薬を使用する際、自分の適量を判断する方法を覚えておいてください。

便秘薬は、特殊なものを除き、就寝前に服用して、朝食後に排便があるというのが理想的な効き方です


夜中に便意がおこりトイレに行かなくてはならなかったり、おなかが痛くなったり、下痢便になったりするときは薬がききすぎていることになります。

逆に朝食を食べても便意が起こらないときは、薬が弱すぎるためか量が少ないのかもしれません。


便秘薬を使うときは、作用の弱い薬を最小量から始めのが原則です。

市販の便秘薬のうち、特に作用が弱いのは、膨張性のものや浸潤性のものを主剤とした便秘薬ですが、その点について薬剤師の人に尋ねるのが一番です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:大腸がんになる原因
次の記事:大腸がんの予防
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。