大腸がんの予防

大腸がんの予防は、日ごろの清潔から

大腸がんを予防するには、食生活に注意して、便秘にならないように注意するとともに、日ごろから身体の清潔を心がけることが大切です。

大腸がんの予防で清潔を強調されることはありませんが、国立がんセンターが出しているがん予防対策にも身体の清潔を保つという項目がもうけられています。


なかでも肛門は、不潔になりやすい環境にあるので、注意するようにしましょう。

具体的には、下着は通気性のよいものを選び、こまめに取替え、排便後はふきのこしがないように丁寧に紙でふくようにしてください。

時間に余裕のある人は、シャワーや洗面器にはったお湯で、おしりを洗うようにすると、痔の予防にもなります。


洗浄機能のついたトイレなら温水できれに洗い流したあと、温風で乾かすことも忘れないようにしましょう。


最近は、肛門の薬用洗浄剤なども市販されているので、こうしたものを使ってみるのもいいですね。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:便秘薬の正しい使い方
次の記事:胃下垂の症状
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。