大腸がんの予防

大腸がんの予防

大腸がんは、肺がん、乳がんとともに増加が著しいがんです。

その大きな原因に食生活の欧米化が考えられています。


日本人の伝統的な食事といえば、米を中心に魚と野菜のおかずといったいわゆる和食でした。

西欧文化のなどの輸入によって高脂肪、低繊維の食事が、大腸がんの発生を増加させます。


動物性の脂肪摂取と大腸がんの関連性は、古くからいわれてきました。

欧米諸国にも大腸がんが多いのも、こうした理由からです。


また食物繊維をよくとれば、大腸がんの予防になることも分かっています。

食物繊維を大量に食べるアフリカ地域では、他の国に比べてとくに大腸がんが少ないです。


緑黄色野菜に含まれるベータカロチン、セレニウム、ビタミンC、Eなども、発がんの抑制因子になっています。

さらに魚類、鶏肉を食べれば、大腸がんのリスクを下げることもわかっています。


伝統的な食事、和食を中心の食生活こそが、大腸がん予防の第一歩です。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。