便秘・腹痛のある便秘は注意

便秘・腹痛のある便秘は注意

腹痛を伴う病気に過敏性腸症候群という病気があります。

過敏性腸症候群は、便秘と下痢を交互に繰り返し、腹痛などの症状を伴います。


身体のの中でも胃腸は古くから心理的な影響を受けやすいことが知られています。

非常にデリケートな臓器で心の状態と密接にかかわりをもっています。

最近は、この過敏性腸症候群の患者が,このところ年齢を問わず現代人の暮らすストレス社会を反映して増加をしております。


過敏性腸症候群とは,大腸の働きが過敏になって腹痛を起こし,便秘と下痢を交互に繰り返す病気です。


主な症状は腹痛,便秘,下痢だが,症状の出方は個人によって異なる。腹部の痛みが上部から下部に移動したり,へその周りになったり,一定の位置ではないのが特徴です。


下痢は軟便である場合が多く,便秘は不定期で,約半数の人が便秘と下痢を交互に起こします。

排便後もスッキリしないという人もいます。


時間に追われ、かなりストレスを自覚していて、腹痛、便秘、下痢の症状を持っている人は過敏性腸症候群かもしれません。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。