胃潰瘍の合併症・出血

胃潰瘍の合併症・出血

胃潰瘍の合併症で多いのが出血です。

胃壁の障害部位に血管があると破綻し出血を起こします。

大量に出血した場合は、頻脈、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状があらわれます。

胃潰瘍による出血が多いと、ショック症状を起こすことがあります。


この場合も、すみやかに露出血管に対しては止血処置が必要であり、現在では内視鏡的止血術が行われています。

内視鏡を使って潰瘍部分の周囲にアルコールなどを注入すると、出血を止めることができます。

内視鏡的止血術には高周波焼灼術、ヒータープローブ法、エタノール局注法、クリップ法等があり、その止血成功率は95%以上となります。


しかし、出血性胃潰瘍の場合、再出血の危険があること、数日間食事ができないことから入院治療の必要性がでてきます。

大量出血の場合は輸血や外科的手術が必要になることがあります。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。