急性腸炎について

急性腸炎について

急性腸炎、細かくは、病名ではなく、腸に炎症を引きおこす疾患群の総称になります。食中毒のような細菌によるものにせよ、アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症をおこし、そうした結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて急性腸炎と呼んでいます。

急性腸炎は、処置をしなくとも、自然に回復する軽い例から、入院治療が必要な重 症な例まで急性腸炎のなかに含まれいます。わるくなっている部位および炎症の程度によって、症状の現れ方は異なるが、共 通した症状として、下痢、腹痛などがあらわれる。吐き気や嘔吐を伴い、 発熱がある場合には感染性の腸炎が疑われます。

下痢は水様性であり、大量 であることが多いですが、小腸に炎症が起こると、粘液の少ない便となり、大 腸がおかされるとかなりの粘液便となり、血液やうみが混じるのが特徴で ある。腸の炎症のため、食べたものはほとんど吸収されず、悪臭やぶつぶ つの泡が混じることもあります。

腹痛は、腹部不快感から差し込むような強い痛みまで様々だ。一般に小腸 の炎症ではへそ周辺の痛みが多く、大腸の炎症では左または右側腹部痛が 多くみられます。全身にあらわれる症状として下痢に基づく脱水症状による脱力感、倦怠 感などが起こる。トイレに通うのが頻繁で、粘液の中に血が混じり高熱が 出た場合は、入院が必要になります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:大腸癌の症状
次の記事:大腸癌を防ぐには!
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。