ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌の働き

ビフィズス歯は善玉菌として体の中で実に多種多様に働いていますが、代表的な働きとして次のことがあげられます。

悪玉菌の増殖、病原菌の感染を防ぐビフィズス菌は炭水化物を分解して乳酸や酢酸をつくり出し、腸内を酸性に傾かせます。それによって悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内の腐敗、有害物質の生成が抑制されます。同時に、他の病原菌の侵入も阻止されます。

便秘・下痢を防ぐビフィズス菌がつくり出した乳酸や酢酸の刺激によって腸の蠕動運動が促進され、正常な便通が得られます。

ビタミンB群をつくる腸内でビタミンB1、B2、B6、B12、ニコチン酸、葉酸などのビタミンB群を合成します。これらのビタミンの一部は体内に吸収され、利用されると考えられます。

免疫力を高めるビフィズス菌が自己融解すると、菌体成分が体に吸収され、免疫機能を刺激し、体の祇抗力を高めます。

発がん物質を吸着したり分解したりする試験管内の実験では、菌体表面に発がん物質を吸着したり、悪玉菌によって生成されたニトロソアミンなどの発がん物質を分解することが明らかになっています。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。