胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な症状

胃潰瘍十二指腸潰瘍の主な症状としてつぎのようなものがあります。

疼痛
反復的な鈍痛で、上腹部痛、特にみぞおちの部分の痛みが多くみられます。疼痛は食事との時間的関係が密接で、胃潰瘍では食事の直後、または1時間後から、胃の中に食べ物がある間つづきます。この症状を食後痛といいまうす。十二指腸潰瘍では空腹時、食事のすぐ前や夜間に痛む事が特徴的で、このとき、少量の牛乳とか食べ物をとると痛みが和らぎます。食事や空腹などと無関係に痛んだり、まったく痛みを感じないこともあります。

吐き気、嘔吐
嘔吐は通常食後1〜4時間であらわれ、多くは吐き気、食欲不振、腹部の膨満感をともないます。特に十二指腸潰瘍では、十二指腸の狭窄がある場合は嘔吐がひどくなります。吐物はほとんどが食べたものや胃液ですが、潰瘍から出血がある場合は、血液がまじることもあります。

食欲不振
胃・十二指腸潰瘍では、食物をとると、空腹時痛や胃部不快感が軽くなるので、通常食欲は正常もしくはまします。しかし疼痛、吐き気、腹部膨満感の強いときには、食欲は低下します。

圧痛
圧痛は、手で軽く圧迫したり、押したりしたときに感じる痛みで、胃・十二指腸潰瘍では、上腹部にみられることがあります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:食道がんは怖いがん
次の記事:慢性腸炎とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。