慢性腸炎とは

慢性腸炎とは

腸の粘膜がいつでも炎症を起こしているようになると、慢性腸炎となります。慢性腸炎になると、食べたものが消化されないまま腸を通過してしまい、 腸内での発酵や腐敗が起こります。便秘になることもあり、下腹部に軽い 腹痛が起こり、おならがよく出ることもあります。

慢性腸炎は、過敏性大腸症候群と同じように、下痢と便秘が交互に起こることもあります。排便には一日数回行くことが多くなり、軟便もあれば水様便もあるというように、便の状態が色々で、粘 液や血液が混じることもあります。こうした症状が長期間続くとと、どんな人でも不安になり、いらいらした気 持ちから頭痛やめまいまで起こってくることもあるので、早いうちに診断を受け、治療を行うことが大切です。

慢性腸炎の原因としては、不規則な生活を続けたりしてなる場合が多いです。胃や肝臓、すい臓、心臓などの病気から腸が 刺激されて慢性胃炎を起こすこともあります。不摂生や精神的ストレスが原因となり起こる場合があります。

慢性腸炎が発症した場合は、冷たいものや油っこいものは避け、消化の良く栄養がた っぷり含まれているものを少量とり、規則正しい食事時間を守ることが大切です。また、茶、コーヒ ー、刺激物等は避け、睡眠を十分にとることや、タバコをこと、休養とおなかを温め、寝冷えを防ぐことなどが大切です。

レクリエーション、趣味などによるストレス解消法や仕方などを考えることも大切です。腸内環境を整えるオリゴ糖は、免疫を活 性化させ、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があって腸炎の改善効果が期待できそうです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。