大腸癌を予防するには

大腸癌を予防するには!

大腸癌は、結腸がんと直腸がんのことを言いますが、どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。大腸癌が発生し始めの頃は、ほとんどが小さいポリープ状の形をしていますが、だんだん進行していくと粘膜にとどまっていた“がん”が内壁から漿膜へ、そして周囲の臓器へと浸潤し、広がって行きます。

この経過中に転移を起こします。この転移の仕方には、大腸癌がリンパ管に進入し、リンパ節に転移をおこすリンパ行性転移と“がん”が血管の中に進入し、肝臓や肺、脳などへも転移が起こる血行性転移、さらに、お腹の腹膜に大腸癌の種をばら撒いたような広がり方をする播種播種というものがあります。

大腸癌の進行の程度は、リンパ節転移や肝臓、肺などの転移の状況によって、5段階に分類されています。


∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

ビタミンB6の摂取が多い男性と、コーヒーを多めに飲む女性には大腸がんが少ないことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模な調査でわかった。

大腸がんは飲酒との関係が深く、研究班は、男女の飲酒量の違いが、食生活による差となって表れたとみている。

この研究は、1990年と93年に、40〜60歳代の男女約10万人を対象に食生活などの調査を実施。その後、2002年まで追跡調査を行い、当時の食生活と大腸がんになる危険度を調べた。

その結果、男性をビタミンB6の摂取量で四つのグループに分けた調査では、摂取量が最も少ないグループに比べ、他の3グループは30〜40%、大腸がんになる危険性が低くなることがわかった。女性では差がなかった。ビタミンB6は、米や魚、ナッツ類に多く含まれており、アルコールによる発がん作用を妨げる働きがある。

一方、コーヒーを1日に3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、大腸の大半を占める結腸にできる進行がんの危険性が56%低くなることがわかった。男性では差がなかった。コーヒーは、腸内の胆汁酸の濃度を抑えることなどが、がんの予防につながると考えられる。

研究班は「ビタミンB6は飲酒習慣の多い男性に大腸がんの予防効果が表れるが、コーヒーの予防効果は飲酒や喫煙の習慣が打ち消すため、それらが少ない女性にだけ効果が表れたようだ」と分析している。

読売新聞より

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃神経症
次の記事:食道静脈瘤とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。