胃腸虚弱と漢方

胃腸の虚弱と漢方

胃腸虚弱は病気ではありませんが、胃腸の働きが弱いために、食べ過ぎや飲み過ぎ、 冷たい物を飲んだりするとすぐに消化不良や下痢をおこします。病院で検査をしても大きな異常はない人も多く、軽い胃炎や胃下垂、神経症と言われることが多いようです。こうしたケースでは漢方薬が非常に有効となります。

東洋漢方では胃は食物や水分を受納、消化して小腸に降ろし、脾が栄養成分を吸収して気血を作り全身を栄養すると考えています。このように脾胃は気血を生み出す大切な臓器として昔から多くの治療法や養生法が考えられています。

胃腸を丈夫にするためには六君子湯、香砂六君子湯、参苓白朮散、人参湯などの益気健脾剤を体質や症状に合わせて使い分けます。消化が悪いときは三仙茶、平胃散などを併用します。お腹が冷えてぽちゃぽちゃ水の音がするときは胃苓湯や苓桂朮甘湯、真武湯などを使います。胸焼けがひどいときは半夏瀉心湯、温胆湯などを使います。ストレスが強く神経質な人には開気丸、柴胡桂枝湯などが使用されます。

体質と漢方薬が本人との相性がよければ、徐々に胃腸は丈夫になり、食欲や体力が改善して、長年の胃腸虚弱も改善されます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。