胃腸の病気を悪くさせない方法

胃腸の病気を悪くさせない方法

猛暑が続いていますが、暑くなると、調子が悪くなるのが、胃腸の状態です。ストレスも影響を与え、肉体的な疲労が重なってくると胃腸の調子が悪くなってきます。

冷たいものの摂取を控える必要もありますし、脂っこいもののさける必要があります。疲れたと思ったら無理をせずに休養をとることも大切です。

睡眠不足の解消も、胃腸の働きの調子を良くしていきます。


--------------------------------------------------------------


胃の調子が悪い場合の対処として、米国立医学図書館(NLM)は、下記のような方法を助言している:

・ 水、ジンジャーエール、特定の種類の果汁など、クリアな水分をたっぷり摂取する。悪化させないために、一度に少量ずつ、時間をかけて飲む。

・ コーラやコーヒーなど、濃い色の、胃に負担のかかる飲料を避ける。

・ 嘔吐がある場合は、6時間以上吐き気を感じなくなるまで固形物を摂取しない。その後、焼いただけのパンやクラッカーなど、消化の良い物を少しずつ摂取する。

・ 腸内殺菌薬で次サリチル酸ビスマスを含むPepto Bismol(ペプト・ビズモル:米国人の常用薬)などの市販薬には成人の吐き気を抑える働きがあるが、こうした薬剤にはアスピリン様の成分が含有されており、小児や、水痘やインフルエンザにかかったばかりの10代の子供に使用しない。

・ 吐き気や嘔吐が持続する場合は、ためらわずに医師に相談する。

HealthDayNewsより

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。