過敏性腸症候群(胃腸神経症)

過敏性腸症候群(胃腸神経症)

便秘や下痢を数カ月以上の期間にわたって繰り返している人で、便秘や下痢に際して腹痛や腹部不快感があり、排便があると症状が落ち着く時、そして、腸の検査や血液検査で便秘や下痢の原因になりそうな異常所見がみつからないものを過敏性腸症候群といいます。

医療関係者の間では、英語のirritable bowel syndrome の頭文字をとってIBSと呼ぶことが一般的のようです。過敏性腸症候群は、ストレス環境のもとで起こりやすくなります。得に、朝の通勤通学の電車やバスのなか、人前で何かをする直前などのような時に、急にお腹が痛くなって、急いでトイレに行きたくなるような症状が出るのが特徴的です。


過敏性腸症候群の原因としては、一般的な検査で、腹痛や便秘、下痢の原因となるような病変あるいは血液検査の異常を確認できず、ストレスで悪化することがあることから、ストレスが大きな影響を及ぼしていると考えられます。腸管がストレスやさまざまな刺激に対して敏感に反応するようになっているために、多様な症状が起こります。

腸炎にかかったあとに過敏性腸症候群になる人があるので、ここ数年では、炎症の後遺症の視点から検討が実施されています。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。