コーヒー浣腸とデトックス

コーヒー浣腸とデトックス

デトックスという言葉がはやっていますが、コーヒー浣腸は、まさに大腸後半と肝臓体内につもった毒素を排泄する方法です。

コーヒー浣腸で、たまっている大便が洗いだされるのは当然のことですが、単に便秘を解決するための浣腸ではありません。

直腸は舌下とならんで小腸以外では吸収のとてもよいところです。特に直腸は吸収されたものが、門脈を経由して、すぐ指呼の間にある肝臓にながれこみます。

コーヒーは、香ばしいアロマそしてカフェイン、各種有機酸の成分が肝臓を好ましく刺激して、さまざまな滞留毒を胆汁とともに十二指腸を経由して大便としてすてることが期待できます。

コーヒーの刺激で、毎日少しずつでも肝臓からうまく分解できない有害物が胆汁に出てきて肝臓が浄化され、肝臓内部の有害物がたまった負担がへってきたら、肝臓本来の働きもスムーズにでき、腎臓の負担も減るようになりますし、免疫不全も解消されてくることが期待されます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。