食道がんの危険度が10倍

食道がんの危険が10倍

東北大学の石川医師達は、40歳を超えた男性を対象に、生活習慣病と食道がんの危険度を調べました。1984年に約9000人、90年に1万8000人に対し、食生活などを尋ね、それぞれ9年間と7年7ヶ月間追跡したところ、78人が食道がんを発症していました。

タバコを愛飲している人の食道がんになる危険度は、吸わない人と比べて5倍で最大のリスクでした。患者の約7割は、喫煙しなければ、がんになるのを避けられた計算です。

ほぼ毎日飲酒する人の食道がんのリスクは、ほとんど飲まない人と比べて2.7倍です。

緑茶を一日5杯以上飲む人は、飲まない人に比べて1.7倍リスクがあり、熱い飲食物は食道がんの危険を高めるとされていることから、研究チームは、緑茶を熱い状態で飲む人が多かったのかもしれないと推測しています。

たばこを吸わず、お酒も緑茶もほとんど飲まない人たちの食道がんになるリスクを1とすると、喫煙と飲酒の習慣がある人ではリスクが9.2倍さらに、1日3杯以上の緑茶を飲む習慣も加わると11.1になりました。

食道がんと診断されるのは年に、約1万5000人で、8割以上は男性が占めます。食道がんは生活習慣で予防できる代表的ながん。禁煙が何よりも大事で、酒を飲みながらのたばこは最悪としています。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。