腸相でわかる健康度

腸相でわかる健康度

人相とか手相とかあるように腸にも腸相というものがあるようです。腸相、すなわち腸の状態を見るだけで、その人の食生活や健康度があるていどわかるそうです。

腸相がいいと、腸粘膜がピンク色で柔らかく、宿便がありません。こういった人は見た目も若く健康的。腸相が悪いと、腸が硬く、大腸のヒダには宿便が残り、有害物質や毒素が発生して、肌荒れや口臭、体臭、慢性的疲労感など様々な体調不良がでてきます。

こどもの頃は、ほとんどの人がきれいな腸相をもっていますが、年齢とともに悪い腸相になる人が多いようです。

腸相が良いか悪いかを自己判断する指標は、@すぐにお腹が張る、A便やおならが悪臭を発する、B便秘気味である、C下痢気味である、D便が黒っぽい、E便がコロコロして水に沈む などは、腸内が汚れている人に多く見られる症状で、こうした症状が自覚できれば注意が必要です。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。