食道の閉塞について

食道の閉塞について

食道は狭くなったり、完全にふさがってしまうことがあります。こうした症状は、遺伝的要因によるものもまれにありますが、その多くの場合は食道の損傷や腫瘍が原因となって起こります。

食べものや異物も食道をふさいでしまうことがあります。胃酸が食道へと繰り返し逆流すると、食道粘膜が損傷され、この状態が数年以上続くと、食道がふさがれるほど損傷が進行することがあります。錠剤を服用したときや腐食性の物質を誤飲した場合にも粘膜が損傷することもあります。

食道の外側からの圧迫も狭窄をおこしてしまいます。圧迫はさまざまな原因で起こりますが、たとえば、心臓の左心房の肥大、大動脈瘤、動脈形成異常、甲状腺の異常、脊椎からの骨増殖、癌などです。また、より重篤な狭窄の原因として考えられるのが、食道の良性腫瘍や悪性腫瘍す。

こうした状態になると食道の内径が狭まり、固形物、特に肉類やパンを飲みこむのが困難になります。まれに、液体も飲みこみづらくなることがありますが、そこまでの症状がでるようになるのは時間がたってからになります。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。