腸内環境を良くする価値

腸内環境を良くする価値

腸内環境の悪化は、食欲不振、肌荒れ、にきび、頭痛、めまい、じんましん、肥満、倦怠などのトラブルから、大腸ポリープや大腸癌、乳がん、潰瘍性大腸炎やクローン病、肝臓や胆嚢疾患、動脈硬化や心血管障害、高血圧や脳梗塞など多くの病気や廊下の原因や誘因になることがいわれています。

若い人を含めて、現代人の腸内環境は、食生活の欧米化で高脂肪、高蛋白、低食物繊維になり、農薬や化学肥料、食品添加物などの摂取が増え、さらにストレスも加わって非常に悪くなっています。

口から入った食べ物は、通常、12〜24時間前後で便となって排泄されます。ただ、便が腸内に長く停滞していると腸内悪玉菌が増え、腸内で腐敗がすすみ、有害物質や毒素が多量に発生し、腸内環境は悪化していきます。

大腸で発生した有害物質は毒素は、大腸粘膜に直接ダメージを与えてポリープやがんの引き金になり、さらに吸収されて体内に入り、血液を汚し、血行を阻害し、代謝を悪くして、さまざまな体調不良や病気を引き起こすことにもなります。

大腸粘膜は、大腸で発生した有害物質や毒素以外に、口から入る有害物質、農薬やダイオキシン、食品添加物なども吸収しますから、それらをいかに吸収されないうちに便として排泄してしまうかが大切になります。


腸内細菌について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

腸内細菌の効果的な摂取について
・・・お世話になります。近年、免疫と腸内細菌の関係が多く指摘されているようです。AD株101というのが良いというような話を聞きました。父が病気のため、この腸内細菌がどのように摂取できるのか、効果的な摂...(続きを読む)

腸内細菌についてお願いします
・・・腸内細菌の代謝についてご存知でしたら教えてください。腸内細菌は善玉菌として、乳酸発酵をするものがあげられますが、悪玉菌として、Klebsiella属の代謝をぜひとも教えてください。腸内細菌ですか...(続きを読む)

草食動物の腸内細菌について
・・・繊維を消化できないのに、草食動物は消化出来ますよね。そして、草食動物の食物繊維の消化には腸内細菌がかかわっていますよね。そこで、その腸内細菌にはどんな種類のものがあるのか知りたいのです。色々ネッ...(続きを読む)




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。