胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な症状

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、胃酸の影響を受けて潰瘍を形成するもので、この二つを総称して消化性潰瘍といいます。胃潰瘍は、40歳以降の人に多くみられるのに対し、十二指腸潰瘍は10〜20代の若者層に多くみられます。十二指腸潰瘍の人は、過酸症であることが圧倒的に多いですが、胃潰瘍の人は、胃酸の分泌は正常かやや少なめのケースが多いようです。

胃の粘膜に炎症が生じると、胃の粘膜は多かれ少なかれ障害を受けます。この時、粘膜が深くえぐり取られたものを潰瘍いい、浅い変化だけのものを“びらん”といいます。胃潰瘍は症状が長期にわたり継続し、潰瘍が完治するのに何ヶ月もかかります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因と考えられているのがピロリ菌です。ピロリ菌に由来するものが十二指腸潰瘍で95%、胃潰瘍で70%前後とされています。ピロリ菌以外の成因として重要なのは、薬剤、とくに非ステロイド性消炎鎮痛薬です。アスピリンが一番名が知られていますが、日本においてはアスピリン以外でも多数のエヌセッドが関節リウマチやかぜなどの治療に使われます。

こうした薬は、胃酸から胃粘膜を守るうえで重要な役目をしているプロスタグランジンの合成を抑制する作用があります。ですからエヌセッドを服薬すると、胃の防御機構が障害され潰瘍を形成します。

エヌセッドを原因とする潰瘍の特徴は、上腹部痛などの症状を伴わないケースが多々あるので、治療を受けないまま悪化して出血を起こしたり、難治性の潰瘍に移行するケースが多いといわれています。

現在、ピロリ菌とエヌセッドが胃潰瘍・十二指腸潰瘍の2大要因といわれていて、それ以外の原因によるものは、日本では5%を切るくらい少ないようです。ですから、ピロリ菌とエヌセッドに対する対策が確立されると、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療および予防が飛躍的に進歩します。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の自覚症状で多くみられるのは上腹の痛みです。十二指腸潰瘍では、空腹時痛がよくみられ、とくに夜間にしばしば起こります。胃潰瘍では、食後30分から1時間たったあとの上腹部痛がよくみられます。
 
ただし、すべての胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんに上腹部痛がでてくるのでなく、2割〜3割では痛みが出現しないことに注意する必要があります。潰瘍からの持続的な出血があると、吐血または下血として症状がでてきます。出血症状がでてきた場合は、なるべく早急に受診しましょう。その他の症状としては、むねやけ、吐き気、嘔吐などがみられることがあります。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。