腹部大動脈瘤について

腹部大動脈瘤について

腹部大動脈瘤とは、腹部の大動脈の一部が直径3cm以上になった状態です。特に5cm以上になってしまうと、血管が破裂する可能性が高まるため、非常に危険です。破裂した場合には緊急手術となりますが、死亡率はとても高くなっています。

破裂する前には基本的に無症状であるため、検査で発見されます。腹部エコー、CT、MRIなどを用います。万一、動脈瘤が見つかった場合には、年々拡張する可能性が高いため、厳重な経過観察が必要です。

腹部大動脈瘤では、大動脈の拡幅、伸張、膨張があります。確かな原因は明確になっていませんが、粥状硬化症や高血圧は危険因子です。腹部大動脈瘤の原因には、損傷、感染、動脈壁を構成している結合組織が先天的に弱い、などがあります。

腹部大動脈瘤は誰にでも起こる可能性がありますが、その中でも40〜70歳の男性に最もよく見られます。よくある合併症は腹部大動脈破裂です。これは急を要する事態で、動脈瘤が破れ、大量の出血が起こります。動脈瘤破裂はおよそ10,000人に5人の割合で起こります。動脈の内壁が裂け、血液が動脈壁内に漏れると、大動脈解離が起こります。動脈瘤の解離によって、破裂を起こすリスクがいちだんと大きくなります。

子供のケースでは、腹部大動脈瘤は、腹部の鈍的外傷、又はマルファン症候群によって発症します。


腹部大動脈瘤について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

腹部大動脈瘤破裂
・・・救命病棟24時を見て思ったんですが、腹部大動脈瘤破裂で四時間持ちますか?....(続きを読む)

腹部大動脈瘤の手術
・・・はじめての投稿です。よろしくお願いいたします。70代後半の父が、腹部大動脈瘤の手術を受けることになりました。心身ともにしっかりした人なので、手術自体は心配していないのですが、手術後どのくらいで普...(続きを読む)

腹部大動脈瘤の手術について
・・・知人が腹部大動脈瘤と診断され、手術を受けることになりました。冠動脈造影検査を終了し、問題がないため手術に進めるということらしいのですが、手術日程はまだ先ということだそうです。緊急で入院した割には...(続きを読む)











腹部大動脈瘤破裂
・・・救命病棟24時を見て思ったんですが、腹部大動脈瘤破裂で四時間持ちますか?....(続きを読む)

腹部大動脈瘤の手術
・・・はじめての投稿です。よろしくお願いいたします。70代後半の父が、腹部大動脈瘤の手術を受けることになりました。心身ともにしっかりした人なので、手術自体は心配していないのですが、手術後どのくらいで普...(続きを読む)

腹部大動脈瘤の手術について
・・・知人が腹部大動脈瘤と診断され、手術を受けることになりました。冠動脈造影検査を終了し、問題がないため手術に進めるということらしいのですが、手術日程はまだ先ということだそうです。緊急で入院した割には...(続きを読む)

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:大腸憩室について
次の記事:胃食道逆流症とは
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。