腹膜炎とは

腹膜炎とは

腹膜炎は、普通、感染症を伴う腹腔と腹膜の炎症になります。腹膜炎は、腹腔内の感染した臓器から細菌を含んだ内容物が広がって起こります。胃、腸、胆嚢、虫垂が穿孔して起こること多々あり、別の箇所からの感染が血流を通して腹膜へ拡大することもあります。腹膜は感染には強いので、腹腔内細菌汚染がないと、腹膜炎が進むことはなく、治療によって腹膜も回復していきます。

性的に積極的な女性では、骨盤内臓器の炎症性疾患が腹膜炎の原因であることがよくあります。子宮や卵管の感染症は淋菌やクラミジアなど数種類の細菌によって起こり、腹腔内へ広がります。

腹膜炎はいろいろな理由で手術後にもでてきます。手術中に胆嚢や膀胱、腸が傷ついてしまうと、細菌が腹腔内へ漏出したり、腸の吻合手術時に内容物が漏れ、それらが原因で腹膜炎になるケースもあります。

腹膜炎は、感染症がなくても腹部臓器の炎症によって起こります。たとえば膵臓の炎症により腹膜炎を発症することがあります。また手術用の手袋についているタルクやデンプンでも腹膜炎は発症します。


腹膜炎について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

腹膜炎の症状
・・・時々あり、一週間以上微熱が続いています。若干、下腹部にもったりとした膨張感もあります。(1)腹膜炎の症状はどんな感じなんでしょうか?(2)腹膜炎は数種あるようですが、見分け方はありますか?......(続きを読む)

腹膜炎とは?
・・・があり、あまりにもひどくなったので、病院に行ってみたところ、腹膜炎の可能性があると言われました。腹膜炎って、何ですか?また、会社で「腹膜炎かもと言われました」と言ってしまったのですが、これ......(続きを読む)

腹膜炎について…
・・・、ストレスから腹膜炎のような炎症反応が出ることはない!と言われてしまいました。何度も入院し、ありとあらゆる検査をしましたが、異常はありません。何度も腹膜炎を繰り返すような病気ってあるのでしょうか...(続きを読む)



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。