胃潰瘍治療の大切な点

胃潰瘍治療の大切な点

胃潰瘍では以前より、手術が施されていましたが、胃酸の分泌を強力に抑えるH2ブロッカーができて以来、手術はすくなくなっています。ただし、薬を中止すると再びおこるケースがおおくあり、また実際に胃酸が出すぎている人は胃潰瘍患者の1割くらいに過ぎないとの報告もあり、薬に頼るばかりでは根本的な治療にはなりません。

安保教授(新潟大学)は、精神的ストレスや暴飲暴食、非ステロイド系消炎鎮痛剤などの薬剤ピロリ菌感染などすべて、自律神経の交感神経の緊張を招く因子として、自律神経のアンバランスが胃炎、胃潰瘍を引き起こすと指摘しています。


交感神経が優位になると、血管が収縮して血流障害がおこります。その結果、胃粘膜の細胞に酸素や栄養が十分に供給されず、胃の防御因子である粘液の分泌が減って、胃粘膜が胃液にさらされやすくなっています。血流の一時的な低下のあと、とだえていた血流が再開しするのにともなって大量の活性酸素が発生して、この活性酸素の暴発も胃粘膜にダメージを与えます。


交感神経が優位になる一方、副交感神経がつかさどっている分泌排泄機能は低下し、胃の蠕動運動や胃液の分泌が抑制されて、胃もたれや食欲不振がおこります。


交感神経が優位になると白血球の顆粒球が多くなり、顆粒球のだす、活性酸素が組織の破壊をひきおこします。


胃潰瘍や胃炎を根本的に予防改善するには、制酸剤で胃酸分泌を抑えるよりも、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整え、血流障害を解消し、活性酸素の炎症を沈静することが重要になってきます。



胃潰瘍治療について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

胃潰瘍治療薬
・・・前略友人で、胃潰瘍治療をしているのですが、出血性でないのに、貧血になっていると言うのですが、胃潰瘍治療薬は貧血になってゆくのですか?またあれば、その仕組みがわかれば教えてください。....(続きを読む)

胃潰瘍について
・・・胃潰瘍という病気は、「たった一晩のストレスでなってしまうことがある」と聞いたのですが、本当にそんなことがあるのですか??また、胃潰瘍の治療法の「ストレスを和らげる」というのは、具体的にどういった...(続きを読む)

胃潰瘍の特徴
・・・最近胃の辺りが胸焼けしたり胃が痛くなったり突然吐き気がしたりします。これつて胃潰瘍なんでしょうか?胃潰瘍の特徴とどうやったら治るのか教えて下さい....(続きを読む)

胃潰瘍 - 食事療法のついて
・・・先日、主人が胃潰瘍で入院しました。幸い、手術に至ることなく内視鏡の処置ですんだのですが…退院後、どの様な食事を出していけばいいんでしょう?調べてみて、これはいけない・避けたほうがいいと言うの.....(続きを読む)




このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:胃腸炎とは
次の記事:胃の感染症
記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。