胃の感染症

胃の感染症について

ピロリ菌の感染は、胃炎の原因として世界で最も多くみられます。胃潰瘍の原因としても特に多いものの1つになります。

胃の内面には、強酸性の胃液から胃自身を保護する保護粘膜があります。ピロリ菌は、この保護粘膜の中で繁殖します。H.ピロリ感染のある人のほとんどに胃炎がみられます。胃炎は胃全体に広がっていることもあれば、胃の下部だけにとどまっていることもあります。

ピロリ菌感染はびらん性胃炎の原因にもなります。H.ピロリは胃酸に対する胃の保護機能を損ない、また、毒素を産生して胃潰瘍を起こします。ピロリ菌に感染している人では、少ないですが、胃がんの病気になる人がいます。

ピロリ菌の感染による胃炎があっても、ほとんどの場合症状はありません。症状がある場合は、胃炎の典型的な症状である消化不良、胃痛、上腹部の不快感などが起こります。

ピロリ菌の検査では、呼気や便から検出する方法があります。ただし、これらの検査ではH.ピロリが活動状態にある場合しか検出できません。血液検査でピロリ菌に対する抗体を測定する方法もあります。

ピロリ菌は抗生物質で治療します。一般の治療法では、胃酸分泌を減少させるプロトンポンプ阻害薬と、アモキシシリンとクラリスロマイシンなど2種類の抗生物質を、1日2回、7〜14日間服用します。他の治療法は、サリチル酸ビスマス、抗生物質、メトロニダゾール抗生物質とプロトンポンプ阻害薬を組み合わせる方法になります。

抗生物質を使わないときは、6〜8割の人で1年以内に胃潰瘍がまたおこります。抗生物質を使用したときはこの数字が20%未満になります。H.ピロリ感染を治療の実施で、他の治療で効果がなかった胃潰瘍も治癒することがあります。


ピロリ菌について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

ピロリ菌がいなかった!?
・・・…ちなみにLG21やココアは検査後からのみ始めたので検査には影響なしと思われます。父がピロリ菌に感染していて、それほど大きなストレスは抱えておらず、ピロリ菌が原因だとずっとおもっていたので、ピロ...(続きを読む)

ピロリ菌除菌の必要性
・・・た時に、ピロリ菌の除菌もした方がいいのでは?と聞くと、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合は有効だけど、あなたの場合は意味がありませんって言われました。今は意味がなくっても今後のガン等の予防の為にもピロリ...(続きを読む)

ピロリ菌は家族にも感染する?
・・・夫が長年に渡り「胃潰瘍」でしたが検査の結果ピロリ菌に感染していることが判明しました。ピロリ菌に感染していると配偶者はもとより家族にも感染するものなのでしょうか?....(続きを読む)



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

記事検索
 
カテゴリ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。